マーカーもなる半透明の細い付箋。ソフトケース入りで持ち運びも便利!

文房具
Pocket

本を読む方の中には付箋を貼ったり、参考になるところにマーカーをしたりしながら読む方も多いのではないでしょうか。

筆者もそのような読み方をしますが、その時に困るのが「この本イマイチだったけどマーカーしちゃったから買い取ってもらえないかな」といったこと。

ロア
ロア

とりあえずマーカーするんだけど後々「この本やっぱりいらないから売りたい」ってこともありますよね。

古本屋やフリマアプリなどでは書き込みがあっても買い取ってもらえることもありますが、どうしても書き込みのないものに比べて値段は落ちてしまいます。

今では消すことのできるマーカーなんかも販売されていますが、紙の薄い書籍に力を入れて消すのも抵抗がありますし、全て消していこうと思うと結構面倒です。

ロア
ロア

消す時に紙がぐしゃっとなったら最悪ですしね。

そこで筆者のように本を読む際に「付箋とマーカーは使いたい」「けど内容がイマイチだった場合は綺麗な状態にして買い取ってもらいたい」とお考えの方におすすめなのが3M(スリーエム)から販売されている680MSH-SC1という付箋です。

本稿では、この付箋の特長を紹介させていただきます。

□本稿の対象読者
・本を読む際に付箋とマーカーを使う方
・マーカーが綺麗に簡単にはがせたらいいなと思っている方
・ペンケースなどにいれてもバラけない付箋をお探しの方

特長

この付箋には以下のような特長があります。

  • 半透明のためマーカー代わりになる
  • 幅6mmと細長い形状のためその行だけに貼れる
  • ソフトケース入りのためペンケースなどに入れてもバラけない
  • ソフトケースを折りたたむと厚さ3mmになるため収納しやすい
  • フィルム素材でやぶれにくいのに書き込み可能
  • 当然、付箋としても使える

マーカー代わりに使える

下の写真にあるように細長い形状と半透明の色味はマーカー代わりにぴったり。

幅は6mmしかないので目的の行にだけしっかりマーカーできます。

ロア
ロア

勝手にはがれないけど取りたいときはラクにはがせる適度な粘着力もグッドです。

色も6色入っているため、用途に合わせて色を使い分けることも可能です。

マーカー代わりにぴったり

ソフトケース入りで持ち運びが便利

本製品はソフトケースに付箋が収納されている形となっています。

そのため、ペンケースなどに付箋を入れて持ち運ぶ方にとっては、ペンケースの中で付箋がバラバラになることもなく、非常に使いやすいです。

一般的な付箋だと1cm近い厚みがあるためペンケースに入れてもかさばり、バラけてしまいやすいです。
一方、この付箋は6色(各20枚)が横並びになっているので、ソフトケースを折りたためば厚さ3mmになり、利便性抜群です。

ソフトケースを閉じれば付箋がバラけません
厚さ3mmになり非常にコンパクト

フィルム素材でやぶれにくいけど書き込みはできる

紙素材の付箋が一般的ですが、紙素材だと書籍をカバンの中などに乱雑に入れているとやぶれてしまうことがあります。

一方この付箋はフィルム素材なのでやぶれにくくなっています
参考書や仕事の書籍などにも付箋を使う方にはこれは何気にありがたいですね。

しかもフィルム素材なのに表面はマット加工されているので鉛筆でも書き込み可能で、一般的な付箋のようにメモ書きして使うこともできます。

6色あるので使い分けも可能

当然、付箋としても使える

あたりまえですが通常の付箋としても使えます。

一般的な付箋よりも細いため、複数貼っても付箋同士が重ならずに使いやすいです。
一方で、蛍光色が使われており、付箋自体がパッと目につくので、付箋本来の機能は失われません。

今でははがせるマーカー「フセンマーカー」というものも販売されていますが、こちらはマーカーとしての機能が優先されています。
全体がテープとしての粘着するため、付箋本来としての機能を考えると今回紹介する「680MSH-SC1」がおすすめですね。
またサイズがコンパクトでペンケースなどにも収納しやすいという点もフセンマーカーにないメリットですね。

価格は300円程度、まとめ買いがおすすめ

価格は一つ300円程度で楽天やamazonでも購入可能です。

3個セットや10個セットでの販売もされていますので、まとめ買いをおすすめします。
まとめ買いであれば単価が若干安くなりますし、送料の節約にもなります。
10個セットであれば送料無料になる場合もあります。

ロア
ロア

私は送料無料となる10個セットを購入しています。

購入はこちら↓↓↓

おわりに

本稿で紹介した付箋をマーカー代わりに使えば、お気に入りの本には綺麗な状態で保存でき、お気に召さなかった本は付箋を外して古本屋さんやフリマサイトで売ることができます。

普段はマーカーで本に直接書き込んでいる方でも、これまで以上に気兼ねなくマークをつけることができます

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました