バーウィックのサイズ感は?【Berwick1707 ウイングチップで解説】

ファッション
Pocket

コスパの良いレザーシューズということでスタイリストの方などでも勧める方の多い「Berwick 1707」(以下、バーウィック)。

高品質なレザーを使ったレザーシューズを履きたい一方で、有名ブランドだと7万円や8万円はザラ。
ものによっては10万円をこえるものも多く「なかなか手が出せない」と断念してしまう方もおられるのが現実ではないでしょうか

そんな方にオススメなのがこの記事で紹介するスペイン発のレザーシューズ「バーウィック」。
良質なレザーと高品質な製法でありながら、3万円前後で購入できるということで近年注目されています。

この記事では筆者が愛用しているバーウィックの「ウイングチップ 4550」の写真を交えながら品質やサイズ感について紹介しています。
バーウィックが気になっている方やコスパの良いおしゃれなレザーシューズをお探しの方の参考になれば幸いです。

この記事の対象読者

・高品質でコスパに優れた革靴をお探しの方
・バーウィックの革靴が気になっている方
・バーウィックの品質やサイズ感が気になる方

Berwick 1707とは

バーウィックはエルメスなどのハイブランドも御用達のフランス デュプイ社のレザーを使うなど、その品質とリーズナブルな価格帯から「コスパ最強」とも言われています。
バーウィックが「コスパ最強」と言われる理由については、以下の記事で詳しく紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

創業は1991年

バーウィックはスペインで1991年に生まれたレザーシューズブランドです。

ロア
ロア

ブランド名の「1707」は創業年ではありません。創業は30年ほど前です。

以下は、Berwickのホームページからの引用です。

『2世紀にわたり革靴の名産地として名を馳せるスペイン南東部のアルマンサにて「Berwick1707」は産声を上げる。
ブランドネームはこの地で1707年に起きたスペイン継承戦争の一つ“アルマンサの戦い”で功績を挙げ、その名をヨーロッパ中に広めたBerwick公爵を称えたもの。
現地の人々にとって誇りとも言うべき英雄の名を冠することで、スペインらしい確かな物作りを表現し続けている。』

『「Berwick1707」のレザーシューズはすべて職人の手仕事によって生み出される。
その卓越した腕を持つ職人だけが成せるグッドイヤーウェルト製法を取り入れ、一つひとつのクオリティを限界まで高めているのも特筆すべき点。
工芸品にも通じるシューズは見た目の美しさだけでなく、足を通すことで初めて実感できる快適な履き心地も追求している。』

このとおり、ブランド名は過去の戦争で功績を挙げた公爵の名とその戦争の年代からとったもの。
ブランド名に「1707」って付けるのは勘違いする方も多いでしょうし「それどうなん?」という気もしますが、この土地の英雄へのリスペクトを込めたものですね。

豊富なデザイン

バーウィックでは様々な種類の革靴が取り扱われています。

本稿で紹介しているウイングチップに関しても、ロングウイングチップ(ウイングチップの装飾がかかとの方まで伸びているもの)、ショートウイングチップ(装飾が足の側面で止まっているもの)があります。

ビジネスで使いやすいストレートチップやプレーントゥ、デザインに特徴のあるモンクシューズ、ローファーやハイカットのブーツも製造、販売されています。

どのデザインでもカラー展開も豊富で、ブラウンでもライトブラウンやダークブラウンなど、色味の異なるものが揃えられています。
きっとお気に入りの一足が見つかるのではないでしょうか。

以下の記事では通販サイトでもサイズ交換や返品が可能な人気モデルを紹介しています。
気になる方はチェックしてみてください。

↓↓↓カジュアルにもビジカジにもハマるコインローファー

↓↓↓ビジネスに最適!ストレートチップ

↓↓↓クールなサイドゴアブーツも!

また革靴だけでなくスニーカーも製造販売されています。
スニーカーはスエードやレザーを使用したシンプルで普段使いしやすいデザインが取り揃えられています。

↓↓↓使いまわし抜群のレザースニーカー!

↓↓↓スエード素材のスニーカーも!

価格は2万5千円前後から

バーウィックの価格は主要なもので2万5千円前後から4万円前後となっています。

ロア
ロア

実際に購入した筆者からすると「この品質でこの価格なら最高!」といった印象です!

トリッカーズやオールデンに比べると価格はかなりおさえられていますので「そこまでの高価な商品には手を出せない」という方にとっては非常におすすめです。
ちなみにオールデンなんかは個体差で製法があらく見えるものもありますが、それに比べるとバーウィックの仕上がりはとても丁寧です。
なお、バーウィックでもコードバン(馬革)が使用された一部の商品は9万円ほどするものもあります。

また、楽天などの通販サイトであれば、2万円前後で購入できる商品も複数あります。

ウイングチップ4550レビュー

ここからは実際に手にとった品質やサイズ感について解説していきます。

なお、ウイングチップではなくローファーのサイズ感を知りたいという方は、以下の記事のほうが参考になるかもしれませんので、気になる方はチェックしてみてください。

素材は牛革(カーフレザー)

バーウィックのレザーシューズの多くは牛革が使用されています。

筆者が購入したウイングチップ4550には、牛革の中でも最高級で、薄く柔らかくキメの細かい品質が特徴のカーフ(BOXCALF)という素材が使われています。
綺麗な発色や光沢が魅力の素材です。

ロア
ロア

自分の靴を見て「いいツヤ出てる♪」と思えるとてもキレイな仕立てです。

なお、バーウィックの一部の商品にはコードバンと呼ばれる馬革が用いられているものもあります。
コードバンは「革のダイアモンド」と呼ばれ、数ある革のなかでも最高級とされており、特徴的なツヤ感などが人気の素材です。
ただし、雨にあたるとツヤが失われたり毛羽立ったり、ひどい場合は水染みになったりと雨に弱いという弱点も持ち合わせています。

ロア
ロア

コードバンはそれでも病みつきになる人が多いんですよね。

靴底はラバー(ダイナイト)ソール

商品によって、ソール(靴底)はレザーソール(革)とラバーソール(ゴム)が選べますが、筆者が購入した「ウイングチップ 4550」はラバーソール。
この製品には滑りにくく、磨耗しにくい「ダイナイトソール」という凹凸のついた様式が採用されています。

ラバーソールにはレザーソール並みに厚みをおさえた「ダイナイトソール」とよりボリュームのある「ビブラムソール」があります。
ビブラムソールの場合、足元にボリュームがでるため、カジュアルな印象になります。
一方のダイナイトソールはラバーが適度な厚みにおさまっているのでビジネスでも使いやすいフォーマルさを保つことができます。

ちなみにレザーソールだと見た目がより上品で、ラバーソールより通気性に優れるため、靴の中が蒸れるのがいやという方におすすめですが、雨の日などにラバーソールよりも滑りやすいというデメリットもあります。

グッドイヤーウェルテッド製法

靴の製法はグッドイヤーウェルテッド製法が採用されています。

甲のレザーとソールが直接縫いつけられていない製法なので、ソールがすりへった場合もソールを取り替えて履き続けることができます。
職人の高い技術が必要な一方、高い耐久性が確保できる製法です。

この製法はトリッカーズやオールデンでも用いられており、バーウィックのコスパが評価されているポイントの一つです。

デザイン

「ウイングチップ 4550」は、ウイングチップのデザインながらメダリオン(穴飾り)のついたアッパー部分の革の厚みがおさえられ、筆者が所有しているのが黒一色ということもあり非常にスマートな印象を受けます。

「ウイングチップってビジネスには不向きかな」と思っていましたが、すっきりとした上品なフォルムになっているため、スーツにもよく合います。
当然ジーンズなどのカジュアルな服装にもマッチします。

ドレッシーすぎず、一方でカジュアルすぎるデザインでもないため、とてもバランスよく、使い勝手のよいデザインと感じています。
そしてカーフ(牛革)特有のほどよいツヤ感と発色がとても美しい印象を与えてくれます。

なお、この「4550」はウイングチップの中でも比較的落ち着いたデザインで、つま先も丸みを帯びたラウンドトゥになっています。
一方、同じウイングチップでも装飾がよりドレッシーな印象で、つま先もよりシャープなデザインのものも展開されています。
好みの分かれるところかもしれませんが、ビジネスにも使いたいという方であれば、落ち着いたデザインの「4550」をおすすめします。

サイズは少し小さめを

筆者は普段、スニーカー(コンバースのオールスターやアディダスのスーパースターなど)だと27.5〜28.0cm、革靴だと27.0cmを履いています。

革靴に関しては、最初から余裕のあるサイズだと革が伸びて馴染んできたときにサイズが合わなくなってしまう恐れがあります。
またサイズが大きいと足の甲の部分に余計にシワができやすいと言われています。
そのため筆者はスニーカーよりも少し小さいサイズを履くようにしています。

バーウィックに関しては7 1/2サイズ(約26.5cm)を購入しました。
シューズ量販店などで販売されている革靴よりも最初は革が硬いぶん、ハーフサイズ小さめを購入しました。
まだ革の硬い時点だと指1本も入らないくらいのサイズ感です。

スニーカーをベースに考えると、ゆるめに履きたい方でハーフサイズ、ジャストサイズで履きたい方で1サイズ下げられるのがおすすめです。
参考までにお伝えすると、筆者はオールデンやクラークスでも26.5cm相当(8 1/2サイズ)を履いています。

>>やわらかい革で快適に履ける!クラークス ワラビーのサイズ感解説

通販サイトの購入者の声をみても、普段のビジネスシューズより小さめを選んでちょうど良かったとの声が多くみられます。

ちなみにバーウィックは日本展開しているものだけでも約40種のラスト(木型)があります。
ラストは靴の形を作る土台となるもので、バーウィックではスリム、ノーマル、ワイドの大きく3つの幅で分類されていますが、4550のラストはワイドとなっています。

バーウィックのラストについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

箱も高級感あり、シューズ袋ついてます

箱も高級感のある上品なものです。
また、基本的にはブランドロゴの入ったシューズ袋もついています。
旅行で靴を持ち運ぶ方などには嬉しいポイントですね。

硬い革が苦手な方は要検討

前述でも少し触れましたが、最初は革が少し硬いです。
小さめのサイズを選んでいることもあり、筆者も購入当初は足が窮屈に感じました。

革靴なので履いているうちに足に馴染んできて柔らかくなりますが、「硬い革靴はイヤだ!」という方は購入を控えたほうがいいかもしれません。

ロア
ロア

最初からある程度柔らかいほうがいいという方にはしんどいかもしれません。

ちなみに筆者自身は何度も履くうちに足に馴染んで履きやすくなってきています。
革が硬い購入当初でも靴擦れをすることもありませんでした。

通販サイトなら楽天、PayPayモールがおすすめ

お近くに店舗がないという方は、オンラインストアのほか、楽天などの通販サイトでも購入可能です。

オンラインストアでは1回限りではありますが、送料無料でのサイズ交換が可能です。
最新モデルがほしい方であれば、オンラインストアでの購入がおすすめです。

通販サイトであれば、楽天もしくはPayPayモール内での購入がおすすめ。
楽天やYahooショッピング、PayPayモールといった通販サイトでもサイズが合わなかった場合の交換、返品や電話相談に対応いただける店舗もあります。
サイズ交換や返品は室内での試着に限り対応可能ですが、サイズ感がご心配な方はこのような対応が可能なネット店を選べば、安心して購入いただけます。

楽天はバーウィックの製品が数多く扱われています。
定価に比べてお買い得に購入できる製品ポイント還元率の高い製品オンラインストアでは扱われていない製品が見つかる場合もあるため、楽天ユーザーの方は要チェックです。
購入者からも、サイズ交換や返品の「対応がよかった」という声が多いため、安心して購入できますね。

PayPayモールもZOZOTOWN PayPayモール店が展開されており、バーウィックの取り扱いが豊富です。
PayPayモール自体がYahooショッピングの上位版という位置付けにあり、出店の条件が厳しく信頼性の高い店舗が厳選されているので、安心して購入できます。
また、PayPayのポイント還元が受けられるだけでなく、バーウィック3,000円OFFなどのクーポンが発行されることがあるため、YahooショッピングやPayPayモールのユーザーの方はPayPayモールでの購入が絶対におトクです。

ZOZOTOWN PayPayモール店

なお、以下の記事では、通販サイトでサイズ交換や返品に対応いただける人気モデルを紹介していますので、通販サイトでの購入を検討されている方は参考にしてください。

↓↓↓ブラック、バーガンディとも初回交換無料!

Amazonでは4550は取り扱いなし

Amazonでは残念ながら2021年8月現在、4550の取り扱いはないようです。
ただし、ストレートチップやローファーなど、様々な商品が販売されていますので、普段Amazonをご利用の方もお気に入りの商品を見つけることができるかと思います。

おわりに

バーウィックに関しては、筆者自身、一度履くとそのコスパの良さに非常に魅了されています。
通販サイトでも交換無料で対応してもらえるのはとても嬉しいポイントですね。
本当によい製品と感じたので、この記事を読んで「バーウィック買ってみようかな」と思ってくださる方が1人でもおられれば幸いです。

Pocket

タイトルとURLをコピーしました