「ふかぴたプラス」と「イブルマット」で快適に!サイズぴったりのラグ&マット。

家、家具
Pocket

はじめに

こんにちは、ロア(@roa_garnet)です。

我が家は2階建ての戸建住宅ですが、子供がまだ小さいこともあり、家にいる時間の多くをリビングで過ごしています。
床暖房があるためリビングにソファは置かず、ラグに座椅子を置いたりしてくつろいでいます。

我が家のように小さいお子さんのいるご家庭でラグやカーペットを使う場合、「つかまり立ちの子供がこけても痛くないようなもの」とか「子供が飲み物をこぼしそうだから丸洗いできるもの」、あとは「子供が上で遊んでもずれないもの」といった点を重視されるのではないでしょうか。

ですがこういった要望を満たしてくれるものってなかなか少ないですよね。

そんな中、我が家が2020年に購入したふかふか下敷き専用ラグ「ふかぴた高反発PLUS」と「イブル キルティングマット」が機能性も快適性も抜群と、家族全員が大満足な買い物となりました。
本稿では写真を交えながら、「ふかぴた高反発PLUS」と「イブル キルティングマット」の魅力を紹介いたします。

□本稿の対象読者
・小さい子供にも安心なふかふかのラグをお探しの方
・リビングが快適になるラグをお探しの方

「ふかぴた高反発PLUS」とは

まず「ふかぴた高反発PLUS」について紹介します。
名前の「ふか」はフカフカ、「ぴた」は滑り止めによりずれないことのピタッを意味しています。
ふかぴたプラス」とも呼ばれているようです。
下敷き専用ラグということで、この上にマットをひくことが前提となっています。
色はグレーのみですが、サイズがS(約1.5畳、115cm×170cm)、M(約2畳、170cm×170cm)、L(約3畳、170cm×230cm)のスリーサイズ展開となっています。
ちなみに我が家ではLサイズを購入しました。

構成は3層構造となっており、下面が床との滑り止め、中にはフカフカを実現するためにソファなどにも使用されているウレタンが約1cm入っており、上面は重ね敷きのカーペットとの滑り止め加工がされています。
ウレタンにより防音性もあるため、下階への騒音が気になるマンション暮らしの方にもオススメです。

本当にフカフカで、子供たちがゴロゴロしてもずれることなく、また床暖房やホットカーペットにも対応しており、手洗いも可能と機能性は抜群です。
薄いマットレスのような印象で、この上で昼寝しても痛みや不快感は感じません。

グレーのシンプルなデザインです
床面との滑り止めがついており、子どもたちがゴロゴロしててもずれません
厚みは2cmほど、中に約1cmのウレタンが入っていることでとてもフカフカです

「イブル キルティングマット」とは

ふかぴたプラスに加えて我が家で購入したのが「イブル キルティングマット」ですが、ふかぴたプラスより一回り大きいサイズ展開がされており、重ね敷きするにはぴったりです。
サイズはS(約1.5畳、120cm×180cm)、M(約2畳、180cm×180cm)、L(約3畳、180cm×240cm)のスリーサイズ展開で、ふかぴたプラスよりも縦横5cm〜10cm大きいため、重ね敷きにちょうどいいサイズ感です。
また、こちらはアイボリー、ベージュ、グレーと、カラーも3色展開されています。
我が家ではアイボリーを使用しています。

サイズ感だけでなく肌触りもよく、洗濯機での丸洗い可能なため、こちらも一緒に購入するのがオススメです。

ふかぴたプラスをちょうど覆うようなサイズ感です
インテリアにも取り入れやすいシンプルなデザインです

おわりに

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

我が家では、「ふかぷた高反発PLUS」と「イブル キルティングマット」をリビングに取り入れたことで、床暖房をつける冬の時季も相まって、子どもたちがゴロゴロと快適に過ごしています。
お子さんがおられる家庭、これから赤ちゃんが生まれる家庭などであれば、非常にオススメです。
おうちの中心であるリビングをより快適な空間にしていきましょう♪



Pocket

タイトルとURLをコピーしました