【2021年最新版】ポケモン図鑑の本おすすめ3つ!

子育て
Pocket

ポケモン(ポケットモンスター)に興味をもったお子さんに「パパ!ルカリオ調べて!」と毎日のようにお願いされ、その度にスマホで検索するといったご家庭も多いのではないでしょうか。

そんなご家庭であればポケモン図鑑の本を買うことを検討されている親御さんも多いのでは?

A子さん
A子さん

でもいろいろなポケモン図鑑が出版されててどれがいいのかわからない…..。

ロア
ロア

ここでは人気のポケモン図鑑の特徴を紹介しているので、お好みのものを選んでいただけますよ!

この記事では2021年最新版のおすすめのポケモン図鑑3つの特徴を紹介しています。
また、子育て家庭にポケモン図鑑をおすすめする5つの理由も併せて解説しています。

ポケモンに興味をもち「知りたい!」という子どもの好奇心を上手に促せば、子どもが自分で調べたり行動したりできるようになるきっかけにもなりますよ!
筆者の家庭では、小学生の娘にポケモン図鑑を一冊購入したことで、スマホでの検索をせがまれなくなっただけでなく、様々なメリットがありましたので、紹介させていただきます。

この記事の対象読者

・ポケモン好きなお子さんのいるご家庭
・子どもの好奇心を自発的な行動につなげてほしい親御さん
・おすすめのポケモン図鑑を知りたい方

ポケモン図鑑とは

ポケモン図鑑はポケモンのキャラクターを網羅的に掲載した書籍です。
様々な形態のものがいくつかの出版社より出版されています。

ポケモンは1996年にゲームボーイ用ソフトとして発売され、当初登場したモンスターは151種類でした。
また翌年の1997年からはアニメが開始され、登場から25年が経過した現在でも子どもに非常に人気のあるコンテンツです。

お子さんのいるお父さん、お母さんでもご自身が子どものころに夢中になって遊んだ方も多いのではないでしょうか。

ポケモンが登場してから25年の間に多くのシリーズが発売され、その都度、ポケモンの種類は増え続けています。
2021年現在ではモンスターの種類は898匹に上ります。
筆者も小学生のころにゲームボーイで「ポケモン グリーン」を楽しんでいたため、そのころから考えると信じられない数のキャラクターが登場しています。

ポケモン図鑑ではそのような多くのキャラクターが掲載され、それぞれの特徴なども解説されているため、子どもは夢中になって読むことができます

>>今なら無料でポケモングッズがもらえる!
◆スマイルゼミ◆

ポケモン図鑑がおすすめな5つの理由

ここではポケモン図鑑が子育て家庭におすすめできる5つの理由を紹介しています。

ロア
ロア

おすすめの書籍だけ知れればいいという方は読み飛ばしていただいてかまいません。

好奇心が自発性につながる

冒頭に紹介したように、子どもに頻繁に「リザードン調べて!」とか言われる親御さんも多いかと思います。

ポケモン図鑑が一冊あれば、子どもが自分で本をめくって調べることができます。
「ポケモンが好き」、「このポケモンのことが知りたい」という好奇心に対して自分で調べる、行動する習慣につながります。

一人遊びが苦手で、ご家庭でいつもお父さん、お母さんにひっついているお子さんでも、一人ですごす時間が増えるかもしれません。
お子さんといる時間の長いお母さんなどであれば、子どもが一人遊びしてくれる時間が少しでもあれば助かりますよね。

せっかく芽生えた子どもの好奇心に対して一冊の本で応えることができ、一人遊びの時間も生まれるのであれば、コスパ最高ではないでしょうか。

>>子どもが自発的に行動できないのは親のせい?指示待ち人間にしてしまう育児

本を読む習慣が身につく

ポケモン図鑑ではキャラクターのイラストだけでなく、身長や体重、特徴などが解説されています。
子ども向けの書籍なのでフリガナもふられており、子どもが自分で読むことができます。

普段、本を読む習慣のないお子さんでも、好きなキャラクターの特徴を記したちょっとした解説文であれば無意識のうちに読んでしまうのではないでしょうか。

「うちの子はなかなか本を読まない」とお悩みのご家庭も多いかと思います。
子ども自身が「読んでみよう」という本が見つからないご家庭では、このようなちょっとした文章から読書の習慣をつけてみてはいかがでしょうか

ちなみに筆者と同じように小学生の女の子がいるご家庭であればルルとララシリーズなんかも読書におすすめです。
かわいいイラストと読みやすいストーリー、文章量で小さなお子さんでも楽しむことができます。
気になるご家庭は以下の記事をご覧くださいね。

お絵かきが楽しめる

小学生にもなると、好きなキャラクターの絵を見ながら模写してイラストを描く子どもも多くなるかと思います。

ポケモン図鑑ではシンプルなものから複雑なものまで、バリエーション豊富なキャラクターのイラストが掲載されています。
そのため、小さな子供でも「このキャラクターなら自分も描けるかも」と思えるキャラクターも多く、イラストの練習には非常におすすめです。

筆者自身、小学生のころにポケモンのキャラクターを模写したり、二つのキャラクターを自分なりに合体させたりしてお絵かきを楽しんでいました。
幼稚園児や小学生低学年のお子さんでも、模写して絵を描く楽しさを身につけることができるのではないでしょうか。

>>オンラインで送迎不要!漫画家やイラストレーターに学べるイラスト教室

学力アップ

ポケモン図鑑を読むことは子どもの学力の向上にもつながると思われます。
ネットなんかを見ていても「自分のまわりでポケモンやってる人は頭がいい人が多い」なんて書き込みも見られます。

小学生であれば、「文字を読む習慣が身につく」ことと、「キャラクターの名前などを覚える」ことの二点が大きいと考えています。
ちなみに実際にゲームを楽しむお子さんであれば、バトルで勝つための戦略を考えるなど、かなり頭を使うことも影響として考えられます。

「文字を読む」ことは、先述の読書力の向上だけでなく、「文字、漢字を覚える」のにも効果的です。
親御さんの中にも、子どものころに読んだ漫画でいくつかの漢字を覚えたという方もおられるのではないでしょうか。
通販サイトのレビューなどでも「4歳の息子がカタカナを覚えました」などのコメントが見受けられます。
楽しく読める本でカタカナや漢字を覚えることができれば最高ですよね。

また約900ものキャラクターを楽しんでいるうちに覚えていくことになります。
ホントにポケモン好きな子であれば、すべてのキャラクターを覚えている子もいるのではないでしょうか。
約900ものキャラクターに対して姿形と名前をセットで覚える機会なんてなかなかないため、子どもにとっては非常にいい訓練になるのではないでしょうか。

>>送迎不要でこんなに安いの!子ども向けオンライン英会話がとてもオススメ!

会話のきっかけにも

ポケモンをたくさん知っていることは会話のきっかけにもなります。
これは友達との会話だけでなく、親子の会話でも非常に有効です。

小学生になるとまわりの友達にもポケモン好きな子がいたりして、「何のポケモンが好き?」といった会話もしばしばあるようです。
ピカチュウしか知らない子だと、そのような会話にもなかなか入っていけませんよね。

また親子間でもお互いが知ってるポケモンで会話が弾んだりします。
ポケモン図鑑は大人が見てても結構楽しいので、子どもと一緒に見ながら「これはママも知ってるよ!」とか、子どもとのコミュニケーションにつながります。
ときには昔に覚えた子どもの知らない知識を披露することで子どもに「パパすごーい」と思ってもらえることもあるかもしれませんよ。

【2021年最新版】おすすめのポケモン図鑑

ここからは現在出版されているポケモン図鑑から、おすすめの商品3つについて、そのポイントを解説していきます。

ポケットモンスター サン&ムーン ポケモン全国大図鑑

<グッドポイント>
 ・802匹のモンスターを掲載
 ・分厚くなくて広げやすい(AB版、全P123)
 ・見やすさ、読みやすさはバツグン
<バッドポイント>
 ・製本がとれやすいなどの当たり外れがある?

我が家が購入した小学館の「ポケットモンスター サン&ムーン ポケモン全国大図鑑」。
購入の決め手は分厚すぎず、広げやすくてイラストの模写などがしやすい点。

ポケットモンスター サン&ムーンシリーズまでの802匹がタイプ別(でんきタイプなど)に掲載されています。
また五十音順の索引があり、子どもが辞書を調べる感覚も身につけることができます。

通販サイトでは製本がイマイチとのレビューも見られます。
我が家では特に気になりませんが、製品の当たり外れがあるかもしれませんので、その点はデメリットでしょうか。
見やすさ、読みやすさなどは非常におすすめです。

ポケットモンスター ガラル図鑑

<グッドポイント>
 ・新しいポケモンを掲載
 ・分厚くなくて広げやすい(AB版、全P91)
 ・見やすさ、読みやすさはバツグン
<バッドポイント>
 ・ポケモンの掲載数は約400と少なめ
 ・製本がとれやすいなどの当たり外れがある?

先に紹介した「ポケットモンスター サン&ムーン ポケモン全国大図鑑」に続いて小学館から出版された「ポケットモンスター ガラル図鑑」。
ソード・シールドシリーズの舞台となる「ガラル地方」に生息するポケモンを中心に約400匹が掲載されています。

「ポケットモンスター サン&ムーン ポケモン全国大図鑑」と同じく、見やすくて広げやすい仕様です。
サン&ムーンシリーズ以降の新しいポケモンも掲載されていますが、我が家がこの本を選ばなかったのはポケモンの掲載数が約400と物足りなかったため。
新しいポケモンを中心に見たいというお子さんにはおすすめの一冊です。

ただし、同じ小学館から出版されていることもあって、先に紹介した「ポケットモンスター サン&ムーン ポケモン全国大図鑑」と同様に製本がイマイチとのレビューも見られます。
それでも「1,000円でいいの!」と満足されている方も多いので、コスパとしてはかなりいい商品ですね!

>>今なら無料でポケモングッズがもらえる!
◆スマイルゼミ◆

898ぴきせいぞろい! ポケモン大図鑑 (上)(下)

<グッドポイント>
 ・コンパクトサイズで持ち運びしやすい(A6版)
 ・1ページに1匹の紹介で見やすい
 ・898匹が網羅されている
<バッドポイント>
 ・上下巻を揃える必要あり
 ・分厚いので広げて模写するなどは不向き(上下とも全P552)

コロタン文庫から2021年11月に出版された「898ぴきせいぞろい! ポケモン大図鑑」は上巻と下巻で898匹すべてのポケモンを網羅できます。

ハガキ程度(A6版)のコンパクトサイズで分厚い仕様はまさに「図鑑!」という感じです。
五十音順で1ページに1匹のポケモンが紹介されているため、子どもにとっても見やすく扱いやすいようです。

ただし分厚くページを開きっぱなしにはしづらいため、我が家のようにページを固定してイラストを模写したいご家庭には不向きかもしれません。
また上巻、下巻を揃える必要があるため、コストが二冊分になるのもデメリットではないでしょうか。
ちなみに上巻はトサキントまでの452匹、下巻はドジョッチからの446匹が掲載されています。

子どもでも扱いやすいもの、コンパクトサイズで図鑑らしいものがほしいご家庭にはとてもおすすめです。

>>今なら無料でポケモングッズがもらえる!
◆スマイルゼミ◆

おわりに

お子さんがポケモンに興味をお持ちであれば、ポケモン図鑑はとてもおすすめです。

何も考えずにテレビを見ている時間を考えれば、ポケモン図鑑を見て子どもの好奇心を育んだり、本を読む習慣を身につけたり、一人での時間の使い方を学んだりと、メリットはとても大きいと思います。
一冊1,000円程度で購入できるので、コスパ最高のお買い物ではないでしょうか。







Pocket

タイトルとURLをコピーしました