クールビズのNGな服装。おしゃれな着こなしはシャツなどのアイテム選びから。

仕事
Pocket

ビジネスシーンでは夏場はクールビズが推奨されますが、普段のスーツスタイルのアイテムをクールビズでも使っているビジネスマンも多いのではないでしょうか。

実はクールビズスタイルにおいて、シャツなどはクールビズにあったものを選ぶべきとされています。
ジャケットやネクタイがなくなることからスーツスタイルより無防備な服装となり、一つ一つのアイテムが人目につくことになるからです。
アイテム選びを間違えると非常にダサく、貧乏くさく、幼稚に見えてしまいます。

普段はジャケットを羽織っていてそれなりの見栄えだった人に対して、クールビズスタイルになった途端にがっかりした女性もおられるのではないでしょうか。
クールビズだと、案外おしゃれに気を配っている方でもやってしまっているNGポイントもあるかもしれません。

普段のスーツスタイルも当然ですが、仕事の服装はお客さんなどに対して不快感を与えず、失礼のないようにするのが礼儀かと思います。
この記事ではクールビズでのアイテム選びのポイントをお伝えしています。
「おしゃれには興味ないから」ではなく、身なりを整えるために参考にしていただければと思います。
また、男性だけでなく、旦那さんや彼氏のクールビズファッションが気になっている方にも参考になるかと思います。

□本稿の対象読者
・クールビズの着こなしを勉強したい方
・薄着になる夏場でもおしゃれな着こなしをしたい方
・旦那さんや彼氏のクールビズファッションが気になる方

クールビズとは

クールビズは環境対策を目的として環境省が中心に行ってきた衣服の軽装化やその方針に沿った服装を指します。
小泉内閣において環境大臣を務めた小池百合子氏が2005年に軽装による冷房節約のための呼びかけとして始めました。

日本気象協会が公開している統計によると、社会人におけるクールビズの認知度は2017年時点で98.3%と、かなり世間に浸透していることがわかります。

なお、クールビズという名称は2005年4月の一般公募で選ばれたものです。
「涼しい」だけでなく「かっこいい」という意味のある「クール」と、「ビジネス」の略語である「ビズ」を組み合わせた造語ですが、一歩間違えると「かっこいい」からはかけ離れた印象になります。

導入当初はどのような着こなしが正解なのか、ファッション業界も含めて定まっていなかった面もあるようですが、導入から15年以上が経過した現在では、アイテム選びの正解などがある程度定まっていると考えられます。

クールビズでの注意点

クールビズにおいては、スーツスタイル以上に着こなしに配慮する必要があります。
その理由は、薄着で無防備な服装になるため、一つ一つのアイテム選びのNGが目につくためです。

スーツスタイルであればジャケットに隠れてそれほど気にならなかったシャツやベルトのデザイン、また体型までが前面に出てきます。
そのため、「ベルトボロボロやな」とか「シャツのデザインが」とか、他人の目が届きやすくなります。

日本気象協会が公開しているアンケートによると、クールビズに対するデメリットの1位は「デメリットはない」であるものの、2位に「見た目のだらしなさ」があがっています。

たとえ高級なシャツやベルトであってもデザインを間違えればビジネスシーンでは浮いてしまうので、以下ではそれぞれのアイテム選びの注意点を解説していきます。

アイテム選び

ヨレヨレ、ボロボロは厳禁

まずどのアイテムにも共通する点として「ヨレヨレ」、「ボロボロ」のものを使い続けることは絶対NGです。
靴やカバンは手入れをすれば長く使いつづけられますが、シャツやベルトなどは消耗品と考え、定期的に買い替えるべきでしょう。

もっとも目に付くシャツがヨレヨレだったり、黄ばみが目立ったりすれば、その他のアイテムがどんなに洗練されたものでも台無しです。
しっかりとアイロンをかけておくのも重要ですね。

ベルトもクールビズスタイルでは目につきやすいです。
ボロボロで革もはげたようなものを使っている方は即刻買い替えましょう。

シャツ

襟の形状

クールビズはノーネクタイのため、スーツスタイルと同じシャツを使い回すのはNGです。

スーツスタイルで使用されるシャツの多くは「レギュラーカラー」と呼ばれるデザインで、ネクタイすることを前提に作られたシャツです。
ネクタイすることが前提のシャツにネクタイをつけず、第一ボタンを外してしまうと、襟のおさまりがよくありません。
特に、襟の幅が大きくしっかりとした作りのものであれば、第一ボタンを外した際に襟の重みで形が崩れてしまうこともあります。

クールビズでは「ワイドカラー」や「カッタウェイ(ホリゾンタル)」と呼ばれる襟の角度の広いものを選びましょう
ネクタイをせずに第一ボタンをあけることを想定してデザインされたものなので、クールビズスタイルでも襟のおさまりが非常にきれいになります。

半袖はNG

クールビズだと半袖シャツを着用される方も多いかと思います。
ですが半袖のシャツは肌の露出が多くなるため幼稚な印象を受けるとともに、ふとした時に袖から脇毛が見える危険性もあります。

ロア
ロア

脇毛が見えるは非常に不快な思いをさせてしまうので要注意です。

たとえクールビズであっても、長袖のシャツを選び、袖は袖口(カフス)の幅に合わせて二回ほど折って着るのがおすすめです。
肘まで見えると肌の露出が多すぎますので、折るのは二回ほど、ヒジが隠れる長さがよいでしょう。
長袖シャツであれば、急遽ネクタイをつけることになっても、半袖シャツほどの違和感はありません。

また、どうしても半袖シャツを着たい方は、袖の細いものを選ぶことをおすすめします。
同じ半袖シャツであっても、袖の形状でかなり印象が変わりますし、脇毛が見える危険性も減らすことができます。
今ではスーツ量販店などに袖の細い半袖シャツも多く販売されています。

シャツの色で見た目の印象は大きくかわります。

白いシャツは誰もが持っていて無難ですが、ジャケットなしで白シャツだと少しシンプルすぎる印象を受けます。

ロア
ロア

アンタッチャブルのザキヤマさんを思い浮かべてもらえればわかりやすいと思います。

おすすめは水色の無地、もしくは白地に青系の細いストライプの入ったもの。
暑い季節において水色は見た目にも涼しげな印象を与えてくれ、清潔感も感じられます。
青系で細いストライプも清潔感が感じられるとともに、少し垢抜けた印象を受けます。
ただしストライプの幅が太いものは少し派手でビジネスには不向きですので、ストライプの幅は要注意です。

なお、薄いピンク系のシャツを選ばれる方もおられますが、筆者としてはあまりおすすめしません。
というのも、ピンク系のシャツをビジネスシーンでおしゃれに着こなせる方は非常に限られていると感じるからです。
筆者のまわりでもピンク系のシャツを着られる方をお見かけしますが、「おしゃれに気を配ってるんやな」と思うものの、「おしゃれやな」とはあまり思いません。
試着時に本人以外の声を聞き、本当にお似合いと感じられるようであれば選ぶ、くらいがよいかもしれません。

ボタン、ステッチ

シャツが前面にでるクールビズですが、シャツのボタンやステッチ(縫い目)に遊び心を入れるのはNGです。

例えば白のシャツに黒いボタンであったり、黒い刺繍糸を使ったもの。
ジャケットがないためシャツで他の人と差別化を図りたいという方もおられるかもしれませんが、ビジネスシーンではあまりいい印象を受けません。

ロア
ロア

ビジネスシーンでそのようなシャツは「おしゃれだな」とは思われないはずです。

シャツのボタンやステッチは無難な白やシャツに馴染んだ色、主張のないものを選ぶことをおすすめします。

おすすめのシャツ

楽天などの通販サイトでも様々なシャツが販売されています。
以下ではサイズや色、襟の形状などが豊富で、まとめ買いがおトクな商品などをピックアップしていますので、参考までにご覧いただければと思います。

↓↓↓豊富な種類から襟や色、サイズが選びる!まとめ買いが断然おトク!

↓↓↓豊富なデザインから選べるカッタウェイ!

肌着

肌着のNGポイント

シャツの下に着る肌着でのNGは以下の2点。
この2点は目につきやすいため、がっかりする女性も多いようです。

  • 肌着が透けている
  • シャツの襟や袖から肌着が見えている

肌着がシャツから透けて見える方は非常に多いように思います。
半袖シャツが透けているならまだしも、タンクトップ(ランニング)が透けているケースも50代以上の方によく見られます。

また、シャツの襟や袖口から肌着が見えるケースもよく見かけます。

肌着が透けたりチラチラ見えるのは良い印象を与えません。
しっかりとしたシャツを着ていても肌着が見えてしまえば台無しです。

肌着が透けずに襟元からも見えないようにするにはベージュのVネックシャツがおすすめです。
クールビズ対応のベージュのVネックは様々なメーカーから販売されていますので、カンタンに手に入れることができます。
前述のように長袖のシャツを選べば袖口から肌着が見えることもありませんが、半袖シャツを着たい方は少し小さめの肌着を選べば問題ないでしょう。

おすすめの肌着

以下では夏場に嬉しい吸汗速乾や抗菌防臭といったプラスアルファのある肌着をピックアップしています。
グンゼはワコールと並ぶインナーウェアの大手ですので、品質も安心です。

↓↓↓吸汗速乾、抗菌防臭!GUNZEのベージュインナー

↓↓↓吸汗速乾のクールインナー!GUNZEの防臭インナー

スラックス

スーツの使い回しはNG

スーツのスラックスをクールビズでも使うことは、着こなし的には問題ありません。

ただし、夏場は汗をかく量も多く、スラックスだけ何度も洗濯やクリーニングを繰り返すことが予想されます。
その結果、キレイな状態のジャケットと色味や使用感で差が出てしまい、スーツスタイルが崩れてしまう恐れがあります

そのため、スーツスタイルのスラックスを使い回すのではなく、クールビズ用のスラックスを2,3本用意することをおすすめします。

スラックスの色は黒を選びがちですが、真夏に黒のスラックスは重く暑苦しい印象を受けるので避けるべきでしょう。
オススメはネイビーとグレーの二色。

ネイビーは黒に比べると涼しさや垢抜けた印象を与え、青系のシャツとも合わせやすいため、非常に使いやすいです。

グレーは様々な色味がありますが、明るめの色ではなく、ミディアムグレーと呼ばれるものなど、少し暗めの色味を選ぶのがよいでしょう。
筆者自身、ライトグレーのスラックスを所有していましたが、ビジネスシーンでの着こなしには合わせづらく、あまり活躍の機会がありませんでした。
シャツも薄い色が基本のため、スラックスも明るめの色になると全体的にぼやけてしまいますので、少し暗めの色を選んでバランスを取るべきでしょう。

ネイビーとミディアムグレーの2本があればどんなシャツにもバランスよく合わせられます。

デザイン

スーツスタイルでも同様ですが、現代では少し細めのデザインが主流です。
最近のプライベートファッションでは太めのパンツが流行っていますが、ビジネスシーンでは細めのデザインを選ぶのが無難でしょう。

とはいえスキニージーンズのようにピチピチに履くのは当然NGです。
ご自身の体型にあった中で、細めのデザインを選択しましょう

おすすめのスラックス

以下では夏場のはき心地や自宅で洗濯することに重点をおいたスラックスを紹介しています。
サイズや色味も豊富に揃っていますので、クールビズ用スラックス購入の参考になればと思います。

↓↓↓いつでもサラサラ涼しい!カラーバリエーションも豊富なCOOL MAX!

↓↓↓カラーやサイズも豊富!自宅で洗えるウォッシャブルスラックス!

ベルト

デザイン

ベルトはビジネスシーンで一般的に使われる四角いシルバーのバックルのものを選びましょう。
ベルト穴にピンを通すものです。
一般的なベルトではベルト穴が5つあるので、中央の穴にピンを通すように長さをカットしましょう。
中央の穴にピンを通すことで、ベルトの長さがキレイに見えるとされています。

ベルト穴がなく自由に長さが調整できるものや、バックルの形が丸いものなどは避けましょう
ベルトの長さを自由に調整できるものはおじさん感が出ますし、多少お腹が出てきても気付きづらいため、自己管理が甘くなってしまいます。
またバックルが丸いものなどはビジネスシーンには不似合いです。

バックルループを使う

多くのスラックスにはバックルループと呼ばれる輪っかが付いています。
スラックスのチャックのあたりに付いている小さな輪っかに見覚えのある方もおられるかと思いますが、「何のために付いてるの?」という方も多いのではないでしょうか。

あの輪っかは「バックルループ」と呼ばれるもので、ベルトのピンを通すために付いています
ベルトのピンをバックルループに通すことで、ベルトとスラックスがずれず、バックルが常に中央に位置することになります。
筆者も昔は「なにこれ?」と思っていましたが、使うようになってからはバックルループがないスラックスを履くときにバックルがずれてないか気になってしまうようになりました。

バックルが左右にずれていたり、バックルループがベルトの下から顔を覗かせているのは不恰好ですので、バックルループがある場合は使うようにしましょう。

おすすめのベルト

以下では通販サイトでも評判が良く、コストパフォーマンスの高いベルトを紹介しています。
通販サイトでは日本製のベルトや欧州の皮革を使ったベルトが店頭より低価格で買えるのでおすすめですよ!

↓↓↓日本製の高品質ベルトを4,000円代で!

↓↓↓楽天で圧倒的支持!スペインやイタリアのレザーでコスパ最高!

靴、靴下

靴は適度にフォーマルに

上半身がノージャケット、ノーネクタイであることを考えると、足元はある程度フォーマルな靴を選び、バランスを取りたいものです
ローファーなどはジャケパンスタイルなどにはよく合いますが、クールビズスタイルでは全体がラフすぎる印象になります。

ストレートチップやプレーントゥなど、ある程度のフォーマル感をもった靴を選べば、急遽、顧客に会うことになったとしても悪い印象はもたれないでしょう。

>>革靴の種類については以下の記事でくわしく紹介しています。

くるぶしソックスや素足はNG

クールビズだからといって足元もくるぶしソックスや素足に革靴を合わせる方を見かけますが、足元クールビズはNGです。

ロア
ロア

ビジネスシーンでくるぶしソックスや素足は「どこ頑張ってんねん」という印象を受けます。

もし全身の着こなしが良くても、足元がくるぶしソックスだと台無しです。
普段のスーツスタイルと同じようなソックスを選びましょう。
なお、靴下の色はスラックスか靴のいずれかの色と合わせるようにしましょう
スラックスも靴下も靴も異なる色だと統一感がなく、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

カバン

夏場は大量に汗をかくことを考えると、リュックやショルダーバッグはおすすめしません
肩にかけるカバンは、肩ひもに沿った汗染みがシャツに目立ってしまいます
少し時間がたてば乾くかもしれませんが、汗染みが滲んだシャツで顧客に会うのは不恰好ですよね。

ビジネスシーンでも若い方を中心にリュックを選ぶ方が増えていますが、汗を大量にかく夏場は手持ちのビジネスバッグを選ぶのが無難でしょう

時計

クールビズでは腕がよく見えるため、スーツスタイルに比べて腕時計が人目につきやすくなります
そのため、チープすぎる腕時計やスポーツウォッチをつけているとがっかりされるかもしれません。

決して高価なものでなくていいですが、社会人らしい腕時計をつけておくべきでしょう。
ベルトはレザーかメタルで、ケースはメタルの派手すぎないものがよいでしょう。

通販サイトでもおしゃれで洗練された腕時計を1万円前後で見つけることができるので、この機会に購入を検討されてはいかがでしょうか。

↓↓↓京都が生んだ美しさ。シンプルながら洗練されたデザイン

↓↓↓SEIKOだから実現できた高品質低価格!

購入の優先順位

ここまで7つのアイテムについて解説してきましたが、「一度に全部そろえるなんてムリ!」、「何から買っていいかわからない」という方もおられるかもしれません。
そんな方は以下の優先順位で購入していくのがいいかと思います

  1. シャツ
  2. 肌着
  3. ベルト
  4. スラックス
  5. 時計
  6. カバン
  7. 靴、靴下

シャツはもっとも目につきますし、スーツのときとは異なるデザインのものが必要ですので、真っ先に購入すべきでしょう。
その下に着る肌着も、透けたり襟口からチラッと見えるのは不恰好なので、早めに購入しておきたいですね。
ベルトもスーツスタイルのときよりも目に入りやすいので、お持ちのものに使用感が見られるようなら優先的に購入しましょう。

スラックス以降は、スーツのときと同じアイテムでも見栄え的には大きな問題ないかと思います。
金銭的に余裕があれば、早めに手にいれるというくらいでも構わないでしょう。

できれば体型も整えたい

クールビズではスーツスタイルより薄着になり、ボディラインが出やすいため、できれば体型も整えたいものです。
ベルトをするため体型をごまかしづらく、若い方でも油断していると「結構お腹でてるな」と思われることも。

全身の着こなしを整えても体型で損をすると残念ですよね。
せっかく着こなしにこだわるのであれば、お腹が出ずに、少し胸板が張っているくらいの体型を目指してはどうでしょうか。
若いのにお腹が出ていたりすると「自己管理ができない人なのかな?」と思われる恐れもありますしね。

おわりに

ここまでクールビズにおける着こなしやアイテム選びを解説してきましたが、クールビズスタイルは一つ一つのアイテムで相手に与える印象が大きく変わります。
アイテム選びを誤ると「だらしないなぁ」とか「こいつお客さんに会う気あるんか?」といったふうに見られるかもしれません。

もしこれからクールビズ用のアイテムを新調しようとお考えの方は、せっかくならこだわったアイテム選びをしてみてはいかがでしょうか。
「おしゃれには興味ないから」とかではなく、ビジネスマナーとして整えてみてもよいのではないでしょうか。







Pocket

タイトルとURLをコピーしました