【レビュー】子どものオンライン英会話リップルキッズパーク

子育て
Pocket

お子さんの英会話に「オンラインってどうなのかな?」と気になっているご家庭も多いのでは?

A子さん
A子さん

でもオンラインってうまくできるか心配で‥‥。

ロア
ロア

やってみると簡単でメリットが多いですよ!

筆者の家庭では、小学生の長女が子どものオンライン英会話「リップルキッズパーク」を受講しています。
この記事では3ヶ月以上続けてみてわかったリップルキッズパークの「よかった点」や「困った点」、そのほか概要などを紹介しています。

子どもの英会話は始めるのが早いに越したことはないので、この記事を読んで気になった方は、無料体験からでも始めてみてはいかがでしょうか。

リップルキッズパークとは

リップルキッズパークは2009年に開講し、10年以上続いている子ども専門のオンライン英会話教室です。
運営は東京に本社を置く「株式会社エンビジョン」で、”英語が当たり前に話せる世代をつくる”という目標に向けてこのサービスを進めされています。

講師はフィリピン在住の方々で、2021年12月時点で400人以上の先生が在籍されています。
講師は子ども好きか、子どもに対して忍耐強くレッスンできるかなどの資質を重視して採用され、先生としてデビューするまでにも様々な内部研修を受けられています。
簡単な日本語でのやりとりもできるように指導、研修されています。

ちなみにフィリピンは学校教育が英語で行われるなど、英語の能力は日本に比べて格段に高いとされています。
子ども専門、子ども向けのレッスンに特化した先生方ですので、英語初心者の小さいお子さんでも安心してレッスンを受けることができます。

リップルキッズパーク 詳細はこちら



概要

3歳から高校生まで対応

子ども向けのオンライン教室ですが、対象は3歳の小さなお子さんから高校生までと、幅広く対応されています。
数多くいる先生方のなかには、3歳以下のお子さんに人気、小学生に人気、中高生に人気など、お子さんの世代にあった先生を選べぶことができるようになっています。

英検コースなども用意されているので、英語での日常会話だけでなく、試験対策としても利用可能です。

無料体験を2回まで受講可能

会員情報を登録すれば、無料体験を2回まで受講することができます。

無料体験では、会員と同様の流れでのレッスンを受けることができるため、先生の雰囲気やレッスンの進め方などを納得したうえで入会することができます。
また、先生も様々な方がおられますので、「1回じゃ不安」という親御さんにとっては、無料体験が2回できるのはありがたいですよね。



1レッスン25分

レッスンは1回25分となっています。
「25分って短くない?」と思われる方もおられるかもしれませんが、子どもの集中力を考えると妥当な時間です。

子どもは普段耳にしない英語を聞き逃すまいと、高い集中を保ってレッスンに臨んでいます。
そのため、あまり長い時間となると疲れがたまり、集中力が低下し、効率も下がります。

我が家でも実際に受講してみて、25分というのはちょうど良い時間と感じています。
マンツーマンでの授業ですので、その時間でも結構盛りだくさんのやりとりが行えます。

追加費用なしで英検コースも

近い将来、英検を受験したいというお子さんであれば、追加費用なしで英検コースのレッスンを受けることができます。

400名前後いる先生のなかには、英検レッスンが得意な先生などもおられます。
先生方の得意なジャンルがマークで表示されているので、英検の受験を考えておられるお子さんでも対応してくれる先生が一目で見つかります。

朝から夜まで好きな時間にレッスン

開講時間は、平日、土日で以下の時間となっています。

  • 平日 7:00 ~22:55(最終レッスンスタート 22:30)
  • 土日 10:00~18:55(最終レッスンスタート 18:30)

毎回レッスンを予約する必要がありますが、ご家庭の都合にあわせて自由に時間帯を選択できます。
毎回の予約の手間はありますが、レッスンを受けたあとにでも予約する習慣をつけておけばあまり面倒ではありません。
むしろ、忙しいご家庭であれば、受講の曜日や時間をご都合に合わせて変更できるメリットのほうが大きいかと思います。

ビデオツールはZoomかSkype

レッスンに使用するビデオツールはZoomかSkypeです。
多くの先生は生徒の都合に合わせていずれかを選択できますが、一部の先生はSkypeしか対応していないなどのケースも見られます。

基本的にHP(マイページ)から入室のドアボタンをクリックすればビデオツールの画面にとびますので、オンライン通話などに不慣れな方でも心配なく受講できます。

継続期間に応じたランク制度

リップルキッズパークは、継続した期間に応じて、ランクが上がっていきます。
ランクが上がるメリットとしては、以下のポイントがあります。

  1. お気に入り登録できる先生の数が増える
  2. 授業直前まで予約や変更が可能
  3. 先生の予約が早めにできる

ランクの詳細は公式HPをご参照いただくのがよいですが、3番の「先生の予約が早めにできる」というのがポイントとしては大きいです。
人気の先生は、子どもたちの都合のよい時間の予約が早めに埋まってしまうので、長く継続している人ほど早めに予約できるようになっています。
受講期間が短い方であれば、毎回異なる時間の予約であったり、土日の受講であったりと、生徒側で調整することで人気の先生の授業を受けることができます。

価格設定

価格設定は、通学生の英会話教室に比べてかなりリーズナブルです。
まず、入会金は不要で、教材費なども基本的にかからないため、毎月の受講料のみで受講可能です。

受講料は、週1回〜週5回のいずれのコースを選択するかで変わってきます。
1週間あたりの受講回数が多いほど、1回あたりの受講料はお安くなります。

レッスン回数受講料
(税込)
レッスン1回あたりの受講料
(税込)
週1回3,122円781円
週2回4,888円611円
週3回6,722円560円
週4回8,352円522円
週5回9,953円498円



レッスンの進め方

先生を予約

まずはレッスンを受けたい時間を決め、予約可能な先生を確認します。
先生の検索ページでは、以下の項目に該当する先生を選ぶことが可能です。

  • 日時
  • 先生の性別
  • レッスンツール(Zoom、Skype)
  • 男の子、女の子、もしくは両方から人気
  • 0〜3歳、4〜6歳、7〜12歳、13歳以上といった世代別の人気
  • フォニックスや英検の対応

ちなみにフォニックスというのは、英語のつづりと発音の関係を学ぶ学習で、日本人がひらがなを見て正しい読みができるということの英語版のような学習法です。

希望にあう先生が見つかれば、その先生を予約すればレッスンの予約完了です。
ランクにより若干前後しますが、約2週間後のレッスンまで予約できます。

また、いろいろな先生のレッスンを受け、お気に入りの先生が見つかればお気に入り登録が可能です。
お気に入り登録できる人数もランクにより異なりますが、2人から最大5人まで登録できます。
お気に入り登録しておけば、その先生のスケジュールなどの確認がしやすくなります。

予約画面では、「ゆっくり話してほしい」、「人見知りなので優しく接してほしい」などの先生へのリクエストも可能です。

レッスン前になったら入室

レッスンの5分ほど前になったら、パソコンなどを立ち上げて準備です。

マイページに表示されるドアのマークがレッスン前になれば開き、そこをクリックすればZoomやSkypeの画面にとびますので、とても簡単です。
ご自身でZoomやSkypeの設定をする必要は特にありません。

ZoomやSkypeの画面で少し待っていれば先生が入室してきますので、レッスン開始です。



2,3分の雑談からスタート

レッスンが始まると、多くの先生は雑談でコミュニケーションをとってくれます。

「How is the weather today in Japan?」や「What color do you like?」といった簡単なやりとりからはじまります。
子どもが英語を理解できていない様子が見られれば、簡単な日本語も交えてくれますので、そのうちに子どもも何を聞かれているかわかってきます。

筆者も最初のうちは娘の隣に座ってレッスンを聞いていたのですが、受講から3ヶ月が経過した今では、娘1人でレッスンを受けています。

画面のテキストを使ってレッスン

25分間のレッスンでは、基本的に画面にテキストが表示され、それに沿って先生とのやりとりが行われます。
筆者の娘は小学校低学年ですので、その日ごとにいくつかのアルファベットを取りあげ、そのアルファベットで始まる単語の発音などから進めていきます。

単語を覚えたら、絵を見ながら先生の質問に対して、覚えた単語を使って答えるといった形がメインです。
この際、子どもが「pink」と回答すると「It’s pink.」、「Yes」と答えると「Yes I do.」という感じで、文法的に正しい言い方をその都度教えてくれるのが好印象です

時には英語の歌なども使いながら、わからないときは簡単な日本語を交えてレッスンを進めてくれるので、子どもも毎回集中してレッスンを受けています。

レビュー

よかった点

なによりコスパがいい

一番のおすすめポイントはやっぱりコスパの良さ。
筆者の家庭では週2回のレッスンを受けていますが、月4,888円(税込)というのは通学制の英会話教室に比べるとかなりおトク。

オンラインのため、先生の交通費や場所代が削減できること、日本との人件費の違いなどが要因としては考えられます。
生徒側の通学にかかる交通費が不要なのも大きいですよね。

先生がたくさん

先生がたくさん在籍しているため、比較的どの時間帯でもレッスンに対応してもらえるのも子育て家庭としてはありがたいポイント。
先生が少ないと「この時間しかないのにあいてる先生がいない」ということもありそうですが、そういった心配がないので安心です。

また様々な先生の英語を聞くことができますので、英語耳を作るうえでも先生の数が多いのはメリットになります。

子ども1人で受講可能

慣れてくれば子ども1人でレッスンを受けてくれるので、忙しい親御さんにとっては非常に助かります。

小さいお子さんでもパソコンのセッティングだけしてあげれば、あとは25分間、子どもだけでも問題ありません。
小学校高学年くらいになればパソコンのセッティングも自分でできるでしょうから、さらに親御さんの負担は軽減されますね。

教材不要

教材がいらないというのも、子育て家庭としては嬉しい点。

学校の教科書や他の習い事のテキストがおうちにたくさんあるご家庭も多いかと思います。
なかなか自分で整理整頓できない小さなお子さんであれば、教材が不要というのも、親御さんの負担軽減になりますね。

兄弟で受講を分け合える



前述のとおり、1週間の受講回数が増えるほど、レッスン料は安くなります。
この受講回数は、兄弟で分け合うことが可能です。

例えば、週4回のレッスンを登録し、2回をお兄ちゃんが、2回を弟が受講するということが可能です。
週2回、2人分で本来4,888円×2人=9.776円かかるところが、週4回の登録を2人で分け合えば8,352円となるため、非常におトクに利用することができます。
1日の複数回のレッスンをいれることも可能なため、兄弟で続けて受講することもできます。

なお、教室の対象は3歳から高校生までとなっていますが、希望があれば親子でレッスンを分け合うことも可能なようです。

送迎不要

オンラインのため、子どもの送り迎えがいらないというのもかなり大きなポイントです。

小さなお子さんであれば、習い事のときに親御さんが送り迎えしていることも多いかと思います。
家事や仕事に追われている親御さんにとっては送迎時間の節約は大事なポイントですよね。

またお子さんにとっても、1人での通学や夜道の通学を避けられるので嬉しいですよね。

困った点

接続不良

オンラインのため、先生側のウェブ環境の影響で、接続不良はまったくないわけではありません。

ただし、我が家ではこれまで30回以上のレッスンを受けてきた中で、接続が中断されるほどの接続不良が1回、ときどき音声が聞き取りにくいなと感じたのが1回と、頻度としては稀です。

また、先生側の接続不良でレッスンが5分以上中断した場合は、振替受講の対応がなされます。
そのため我が家では、あまり接続不良に関しては心配していません。

時間通りスタートしないことも

上記の接続不良も関連してか、レッスンが数分遅れてスタートすることがあります。

始めた当初、3,4分遅れて先生が入室してレッスンが始まることが何度かありましたが、これも最近は改善されましたので、あまり心配はなくなりました。
もし時間通り始まらないことが続いても、事務局へメールで連絡すれば即座に改善されるようです(連絡があったから改善されるのもどうなんだという気もしますが)。

人気の先生は予約しにくい

先生の予約に際して、多くの子どもたちから人気の先生は予約がとりづらいです。

放課後から夕食前後の時間でレッスンを受ける家庭も多いでしょうから、人気の先生は皆さんの都合のいい時間だとすぐに予約が埋まってしまいます。
当然、レッスンを長く続けてランクの高い受講者から先に予約できる制度なので、ある程度割り切るしかないかなと感じます。

筆者の家庭では、「お気に入り登録の先生が予約できればラッキー」くらいの気持ちで、新しい先生でもどんどん試してみるようにしています。
いろんな先生の英語を聞くことでリスニングも鍛えられ、お気に入り登録の先生以外にも子どもと相性のよい先生が見つかることもあります。

結論

以上のとおり、多少は困った点があるものの、十分に受講料以上の価値があると感じています。

最近は娘が毎回1人で受講していますが、先日、久しぶりに近くで先生とのやりとりを聞いていると「めっちゃ上達してる!」と子どもの吸収の早さに驚かされました。
外国の先生の発音をマネしているため、かなり発音も本格的で、「始めてよかったな」と改めて感じました。

我が家では上記の「困った点」を踏まえても、これからも続けていこう、もう少ししたら次女にも始めさせようと思っています。

リップルキッズパーク 詳細はこちら

口コミは?

SNSでのリップルキッズパークの口コミをいくつかまとめてみました。
入会された方々は皆さんレッスンを楽しまれているみたいです。
やっぱり子どもの成長や楽しんでいる姿を家庭で見守れるのはいいですよね!

なにはともあれ、まずは無料体験で雰囲気を感じるのがいいのではないでしょうか。

受講にあたってのアドバイス

まずは無料体験

リーズナブルとはいえ、毎月の受講料がかかるものなので、まずは無料体験してみましょう。

無料体験では、本来のレッスンとほぼ同様の内容を受講できます。
時間も通常通りの25分ですので、子どもの集中力と時間の感覚も把握できます。

無料体験の際も、ご家庭の都合のよい時間を選んで、予約可能な先生を複数のなかから選択できます。
基本的に本来のレッスンと同じ流れで進行されますので、先生やレッスンの雰囲気など、納得したうえで入会するか決められます。



他社との比較もオススメ

筆者の家庭はリップルキッズパークを受講していますが、子ども向けのオンライン英会話は他にも様々あります。
どの教室も無料体験が用意されているので、無料体験をいくつか試して入会を決めるのがよいのではないでしょうか。

「QQ Kids」「ワールドアイキッズ」といった教室は、リップルキッズパークに近い価格設定なので、こちらもとてもリーズナブルです。



一方、「GLOBAL CROWN」「GLOBAL Step Academy」は少し価格が上がりますが、ネイティブな英語で学べたり、先生がバイリンガルだったりと、先生の質を重視しているようです。





以上のように各社、価格や内容にそれぞれの特徴がありますので、気になったいくつかの教室を無料体験してみて、どれにするかを決めるのがオススメです。
筆者の家庭では、リップルキッズパークとQQ Kidsの無料体験を試してみて、子どもと相性のよさそうなリップルキッズパークへの入会を決めました。

以下の記事では、今回紹介した各社の特徴をより詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

慣れたら子ども1人で

最初のうちは親御さんが隣についてサポートしてあげるのがいいですが、慣れてくればお子さん1人でレッスンを受けたほうが吸収が早いです。

筆者の家庭では、まだまだ英語に自信のない子どもが先生に質問されるたびにこちらの顔を伺って、なかなかテンポよく先生とやりとりが進みませんでした。
そのため、あるときから1人で受講させてみると、しっかりと先生とコミュニケーションがとれていたので、それ以降は1人でレッスンを受けさせています。

先にも紹介したように、先日、久しぶりに先生とのやりとりを近くで聞いていると子どもの吸収の速さ、上達の早さに驚かされました。

最初のうちはお子さんも親御さんも不安に感じるかもしれませんが、子どもを信じて1人で受けさせるほうが自分で考えるチカラも身につき、より効果的にレッスンを受けられます。
そうしてみて、もしお子さん自身が1人だと難しいと感じるようであれば、遠慮なく親御さんにサポートを求められる環境を作ってあげましょう。



早いに越したことはない

英語に関しては、早いうちに学ぶほうが得られるメリットが大きいです。

これまでの研究で言われているのは、英語の発音を認識する能力。
これは特に小学校低学年までの小さなお子さんが優れており、大人になってからだとこの能力は子どもに比べて低下すると言われています。
子どもはアルファベットの発音を習っておらず、英語を文字ではなく音で認識するという点も大きいですね。

ちなみに母語以外の言語を学ぶには、7歳までに始めるのがよいとされています。
7歳までに学習を始めた場合、ネイティブと遜色ないレベルまで習得できる可能性があるため、「まだ早いかな」と親御さんが心配しているうちに手遅れになってしまうかもしれませんね。



おわりに

前述のとおり、過去の調査から母語以外の言語を学ぶには、7歳までに始めるのがよいとされています。
筆者自身、娘が外国の先生と英語でやりとりしているのを見て「自分も小さい頃にやっておけば」と思ってしまいます。

少子高齢化の進む日本では、これからますます外国人労働者が増加し、英語を使う機会が増えていくことが予想されます。
また、お子さん自身が将来、海外での暮らしを望むかもしれません。

そんなときにお子さん自身の可能性を広げるために、オンライン英会話を始めてみてはいかがでしょうか。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました